スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
地獄の三が日。
今年もこの季節がやってきた。
年末から年明けのこの時期が、Reoは一番嫌いだ。
なぜって?それは、Reoが一年で一番忙しく、嫌な思いも沢山する期間だから。
年末の大晦日から年が明けて2日まで、義母と食事のたびに顔を突き合わせなければならない。

今年も出たのは
義母の自慢話とReoに対しての嫌味と、Reoが洗い物などをして席をはずしている間に行われる
Reoの実家の悪口だった。

久々に腹が立ったし、もともと知ってはいたけれど義母が金に汚いことを改めて思い知った。

最近の不景気と増税で、お金の事に関して
どの家庭でも「今までどおりにはいかないな」って感じる場面はあったと思う。
Reo家に至っても同じで、ダンナの給料やボーナスが下がった上の増税。
加えて息子が大学の受験だったので、結構やりくりを工夫して、それを感じさせないようにしてきた
つもりだ。

それが・・・今年の年明けにまた義母のぼやきとReoに対しての嫌味が始まった。
「男の人には、ボーナスの時にある程度ご褒美あげないとヤル気なくすわよねぇ。
私はお父さん(義父)にあげてたもの(はぁと)」

はぁ?

いつの時代の話をしてるわけ?バブル時代でお金が有り余ってた時の話?
家賃も、光熱費も全く渡さず、学資保険も孫のためにと勝手に入って、
たった数ヶ月で払えないとほざき、若夫婦に押しつけて自分だけ遊び呆けて、
子どもや孫に何の還元もせず息子(Reoのダンナ)の金をむしばんでるくせに何言ってんの?

Reoだって昔は額に応じて「ボーナスポイント」って余力分をダンナに渡してたけど、
ここ数年は、ボーナスが激下がりで、正直毎月の赤を補給してやりくりするのもやっと。
Reoだって、ダンナの給料からは全く自分のお小遣いをもらってないしボーナスなんてもらってない。

男の人はご褒美あげないとヤル気なくすだぁ?
毎年31日から全部を接待し、お正月には総勢11人分の食事を用意し、おもてなししていても
毎年毎年けちょんけちょんにされて、正月からこんな嫌な気分にさせられながら
20年近くもやってきてるReoはダンナからもアンタからも何のご褒美ももらってませんけどねぇ(-"- )

あげく、「身の丈にあった生活をしていかないといけないと思う」と豪語している割に
「最近は年金も下がって、まいっちゃうわよねぇ~」などと平気でほざく。

そんだけ遊びや旅行や習い事に金かけてりゃ
誰だって金はなくなるんだよ!!あんたこそ身の丈を知れ!!



そして、Reoが食器洗いなどで席をはずしている時にReoの実家の悪口が始まる。

遠方にいながらも節目節目にお年玉やお小遣いなどを送ってくれているReoの両親。
最近、年をとり、先が長くないことを意識してか、今まで片方だけの名前で来ていたお小遣いが
ここ数年「お爺ちゃん」からと「お婆ちゃん」からという形で封筒を分けて個々で送ってくれるようになった。
それを見た義母は

「まぁ~。2人からなんて・・・きっとお金がありあまっているのね。」

はぁ?

実家は自営業をいとなんでいる。
だからと言ってお金があるわけではない。
正直、経営はかなり苦しく、家族のみでやっているからなんとかなっているような状態。
同じく年金暮らしの実家の両親は、身の丈に合わせたつつましい生活を送っている。
「(私たちが)生きている内だけだから」
そう言って、亡くなった後には持っていけないお金を、節目節目で、子ども(Reoたち兄弟)や
孫(Reoや兄弟の子ども)にお金を還元してくれている。

遊び呆けて、金がないって言っている

アンタとは違うんだよ!!



家の両親は昔からそうだ。
親は子供にできるだけ世話にならぬようサポートしていくものというスタンス。

だから、自分たちはつつましやかに生活し、子どもが困らないように金銭面のサポートをする家庭。
そういう親の背中を見て育ったから、Reo自身も子どもが困らないように子どものための貯金は怠っていない。
両親は旅行もほとんどいかないので、もっと楽しめばいいのにと思うし、
そういうサポートもしてあげたいと思うから、この間も金婚式のお祝いを子どもと孫で計画して、
兄弟でお金を出し合って、豪華温泉ホテルに1泊+豪華お食事つきのお祝いをした。
そんな両親をこれからも大切にしたいと思う。


義母は違う
子どもは親の面倒を見て当たり前。
子は私の面倒を見るためのお金を貯めといて当たり前というスタンス。

だから、こんなことを平気で言えるんだ。
「子どもに大金持たせるとロクなことに使わない。だから、子どもへはお金を残さない方がいい。」
だから、自分は遊びたいだけ遊び、趣味もやりたい放題し、年金減ったから困るという。

そのあげく、Reoが子どもの貯金を怠っていないある程度は貯めてあるという話をしたら、

「そんなにお金あるんなら私にちょうだい♪」

とぬかしやがった。

人は感情や勘定で動く生き物だよ。
血縁かどうかを省いた上で前者と後者、
同じように苦しい状況に陥いる事態が起こったとしたらどっちを助けたいと思うかな。

ここでハッキリ言っておくわ。
Reoは前者を助けるって。


そんな風に・・・今年も地獄の三が日をすごしたReoでありました。


スポンサーサイト
【 2015/01/04 15:05 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
人生の重荷をプラスにする人 マイナスにする人
子どもが図書館で本を借りたいというので連れて行ったときに
ふと目にとまったこの本。
パラパラっと読んでみて 「なんかわかる~」と思うことが多々あったので
借りてしまった。

以下は その一節。

「家族の絆の大切さを説く人がいる。家族の絆は誰もが認める立派なことである。
しかし考えてもみてほしい。家族の犠牲にさせられている人がどうして家族の絆のことを
ことさらに唱えるだろうか。家族から甘い汁を吸っているからこそ、家族の絆を声高らかに
唱えるのである。(中略)自分の利益に都合がいいから、家族の絆の大切さを説く。そして、
もし弱いとにらんだ者が、自分の身勝手な都合に沿って動いてくれなければ、その人を
【利己主義者】と非難するのである。自分が利益を得るために、弱い家族の者を【利己主義者】
と非難するのである。ずるい彼らは自分の利己主義を隠すために人を利己主義者と非難する。
しかし犠牲になる人は、そうしたずるい人から【あなたは利己主義だ】と言われるのが怖くて
利己主義者の餌食になる。
ずるい人は他人に責任を押し付けて自分は権利を主張する。他人が義務を果たして、その上で
権利を主張しても【あなたは利己主義者】と非難する。ずるい人と関係すれば常に義務と責任だけを
背負わされて権利は相手に行く。」


途中で胸がムカムカしてきて震えが止まらなくなり ある人の顔が鮮明に浮かび上がって
気分が悪くなってその続きを読み進めることができなくなった。

まさにそう!!
あの人が まさにそうなんだよ!!
涙が出てきた・・・・

でもその後
わかってもらえたようでうれしくて
あぁやっぱりそうだったのかと納得し読み進めることができました。
うん。とっても参考になる一冊だった。

ずるい人にいい顔見せていると つけこまれて手に負えなくなる。
ずるい人は他人に義務と責任をなすりつけ それを当たり前のように思い
それを拒否されると逆切れして不満をもらすんだとか。

はぁぁぁっ。
なんだか・・・的を得すぎていて何もいえなくなってきて

けどそういう不満に心を痛めて 変だと思いながらも押し付けられた事をこなしてきたというのは
Reo自身のココロの弱さのせいだというのも納得だ。

ずるい人にまでいい顔していると カモにされ
自分の周りがずるい人だらけになってにっちもさっちもいかなくなるんだとか。
そして用済みになれば ポイ捨て扱いされるだけ。

商売屋の血で 昔から常に笑顔でっていう習慣がついている。
でも あの経験をしてから それに無理が生じてきた。
ずるい人には いい顔なんてしなくていい。
世間知らずのReoにこの家庭はもってこいの勉強場だったのかもしれない。

ずるい人のために自分が潰れるなんて あほらしいし。
それならば・・・・・・・!!(←ここはReoの決意なのでちょっと省略(笑))

そう思えた一冊でした。
【 2008/07/10 21:06 】

| | コメント(0) | トラックバック(1) |
質入れする品物とは
それは4月21日に起った。
この日はReo夫婦の結婚記念日だった。
いつもは忘れているのにこの日珍しくダンナが
「今日は外で食事しよう」と言い出した。

どういう風の吹き回しかと思ったが
外食は好きなほうなのでOKした。
そしたら・・・
「ばーちゃん(姑)も連れて行くから」という。


( ・◇・)は? 何で?


私は露骨に嫌な顔をし、「何で?」と聞いた。
そしたら

「何で(嫌そうな顔するん)だよ」

と逆切れ。
なるほどねー。
結婚記念日はついでで、本当はママと食事がしたかったわけだ。
舅も亡くなって一人で食事しているママを残しては可哀相と
いうわけだ。

自分の妻だけは置き去りしにして

子どもも連れて皆で食事はいけても

ママが一人になるのは耐えられないんだ~



ってなことであまりに逆切れするので
しぶしぶOKした。


お店について座るなり姑は
「今日は何のお食事会かしら?私お金持ってきてないから~(はぁと)」
といつもの口調で話し出す。

お金のことは もう別にいいですけどね。
あなたがお金に汚いのはイツモのことですし。(-。-) ぼそっ


「結婚記念日なんです」とReo
「あら、そうなの。何年になるの?」と姑
「11年です。」Reo

「まぁ!! よくもったわね~」


「本当によくもったわ。」
性懲りもなくこれを3回繰り返した。

食事に誘われ お金も持たず 結婚記念日だと話したのに
最初の一言がこれかよ!!



あきれて物も言えない。
やっぱりコイツと食事するのは何があっても嫌だ。
私は露骨に嫌な顔をした。
そしたら・・・

「あ・・でも、もってもらわないと困るけどね~(はぁと)」

何のフォローにもなってない(=_=)
どういう神経してるんだろーか、この人は。

しかし・・・こんなのはまだ序の口だった。

...続きを読む
【 2007/10/09 20:31 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
遺産相続について Reo家の場合。
人が一人亡くなると、結構起こりがちなのが
遺産相続のゴタゴタだ。
実家にいた頃 Reoの祖父が亡くなったときに
遺産相続の件で父の兄弟姉妹のドロドロの争いを見た。
お金の奪い合いは 人の心をこれほどまでに醜くしてしまうのかと
正直 人間という物が卑しく怖ろしく思えた。

その時に思ったんだ。Reoは誰の遺産も当てにはしないと。
Reoの実の父が亡くなろうと、母が亡くなろうと
今まで育ててもらったという事実だけで十分だし
遺言でもない限りは 実家を残していく兄と同居してくれている
義姉に全てわたっても構わないし むしろそれが自然の形だと思う。

ダンナの両親にしてもしかりだ。
別にそんな物は当てにはしないし そんなものを奪い合って
兄弟間で争うなんてアホらしい事は見たくもないし したくもない。
そう思っていたさ。

ところがだ。舅が亡くなったとき、どちらにもあたらない出来事が
起きて Reoの腹は煮え繰り返ったのである。
過去記事にもあるのだが、(過去記事はここをクリックしてね)
姑は 舅の兄弟が来ている時に Reoの目の前で

「お父さん(舅)は、この家を建てるときに半分も支払って偉い。
義弟夫婦は全額自分たちで建てて、自分たちの好きに暮らしている。
半分払ってもらって同居と、全部支払って二人だけと どちらが
いいかしらねぇ~Reoさん」

とReoを親戚の目の前であからさまに馬鹿にする発言をしたのだ。

この姑の言葉は全くの嘘で意味不明なものである。
何をどうすれば、このように理解できるのか皆目見当もつかない。

事実はこうだ。
まず、弟夫婦は全額自分たちで家を建てたわけではないということ。
頭金は親が出している。これは、兄弟で同条件。
その後 確かに「これで繰り上げ返済をしなさい。その代わり
このお金は返すつもりでいてね。」といってある程度のお金を貸して(?)くれた。
確かにその金額を入れれば半分近くにはなるだろう。

でも、Reoは、繰り上げ返済をした後、
必死で一生懸命そのお金を返すために貯めてたさ。
しかし姑の中ではそれは、貸したお金ではなく、舅が払ってしまった
事になっていたのだ?!
それでも、返済のために必死でそのお金を貯めてたさ。
舅の病状が悪化した時に、そのお金を崩しましょうか?と提案したら
「保険金でなんとかなるから、そのお金は私に頂戴」とさらりと
言ってのけた。(゜ロ゜) ヒョオォォ!

舅がなくなり 姑がなんと言ったか。
ダンナに「どうせあのお金は返すつもりはないんでしょう?」
それを聞いたダンナは、貯めている事を知っているのにも関わらず
「返すつもりはない」とほざいた。(アホか!!)

そして返ってきた答えはこうだ。
「じゃぁ、返さなくてもいいから、

二人の息子にこれだけずつ

(ある程度の金額である)

遺産としてあげて頂戴。」



はぁぁぁぁっ????(-゛-メ) ヒクヒク

舅がこの家の半分を出したって話はどうなるの?
半分だしたと豪語し馬鹿にしたんだから
この件に関して「あのお金は返すつもりあるのか?」という
質問自体がありえない話だ
Reoは言われ損かい?馬鹿にされたままかい?
なんでReoの家の貯金から舅の遺産を払わにゃならんのさ。
事実は
「じゃぁ 全額返済したものとするから・・・」だろが!!
なんじゃ、「返さなくていい」っちゅーのは!!

そして、舅の生前所持金は全額自分(姑)の懐に入れた後
Reoの家の貯金をさも舅の遺産のように義弟たちに
渡す姑・・・・


この女の性悪は、天性のものだ。

あげく、Reo達の取り分が少し多いから兄弟には言うなと・・・・
それは違うね。いつも自分の体裁を守るための口止めだよ。
遺産など始めからなかった。
なんとかそれを取り繕いたかったのでしょう?

舅の遺産をReoの家の家計から出すという理不尽を呑んだ事だし
それで返済を済ませたことになったんだから
もう2度と舅がこの家の半分出したなどと言うなよ。
もう一度口にしたら、金額の話も全部正直に二人の義弟と、義弟の
お嫁さんに事実をありのまま話させてもらうからね!!

自分本位で人任せ こういうタイプが人として一番困るが
姑には この言葉がピッタリだとつくづく思う。

テーマ:嫁・姑の戦い*嫁姑問題 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2007/10/06 14:56 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
お別れの日
下の日記後・・・慌しくなる。
今後の予定について決めなければならないとのことで
バタバタし出す。
その日の夜。通夜や告別式のことなどについて
話し合われた。

翌日通夜。翌々日告別式ということで予定が組まれた。

通夜の日の朝。舅が亡くなった翌日の朝のことである。
なにやら上が騒がしい。何事かと思って行ってみたら
姑と叔母さん(舅の弟のお嫁さん)がゲラゲラ笑いながら
カツラ談議をしている。

姑:「ねぇ・・こっちのカツラとこっちのカツラどっちがいいかしら」
叔母:「あら、そのカツラ素敵じゃな~い」
姑:「そ~ぉ? こっちのが軽くていいのよね~。
じゃぁこっちにしよ~ぅ(はぁと)」


(・o・) ポカーン


夫が亡くなったのは昨日の事・・・
「おと~ぅさぁ~ん」とあれだけ病室で号泣していたのに・・・
唖然としてしまった。

あの時感じた違和感は・・こういうことだったのか・・・。

でも通夜の時には また号泣している・・・
この身の変りよう・・・(ー'`ー)
なんとかして悲劇の女(ヒロイン)を演じたいようだ。
あまりの大根役者ぶりに ため息さえ出てしまいそうなほどだった。


そして告別式。
この日もカツラ、化粧ともにバッチリな姑。

棺に花をたむける時のこと。
「お父さん、一緒に帰ろう~」と棺にしがみつき泣き崩れる姑

┐('~`;)┌
舅が亡くなる3日前、「今日はここ(病院)に泊まってくれ」と
舅に頼まれたのに「準備してないから明日でいいかしら」と
しゃーしゃーと言ってのけた人が
この日は「一緒に帰ろう」と泣き崩れている・・・

目の前で起きていること理解不能(ー'`ー) 。

そしていよいよ棺に蓋をし、3箇所を釘で止める儀式のときも
か弱い女を演じたかったのか 震える手でなかなか釘を打てないという
演出を行った

ハッキリ言って・・・


やりすぎだよ!!


息子以外
おそらくその場にいたほとんどの人が
引いた顔をしていた(^ー^;

それに気づいた姑の実の姉。
か弱き女を演じる妹を抱きかかえ、後ろに下げるというさりげないフォロー
あぁ・・あまりの演技力のなさ・・見てらんなかったんだろうな


最愛の娘をなくした風見しんごさんの顔を思い出して欲しい。
号泣しなくても 泣きつかなくても
その顔は憔悴しきり・・その悔しさと悲しみが深く伝わってきた。
悲しみをこらえるのに一生懸命な しんごさんの姿は
痛々しいほどで 悲しみに満ちていた。


カツラもバッチリ!!化粧もバッチリ!!で
「おとぅ~さぁ~ん」と号泣し続ける姑。

そこからは夫婦愛も 悲しみも 悲壮感も感じられない。
その情景は、もう 4コマ漫画にしか見えなかった。




テーマ:旦那の家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2007/08/09 20:06 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。