スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
パニクってても損得勘定はしっかりと
先日、舅が高熱を出し、再び入院となった。

夏ごろ吐いて入院した時、
一旦は退院させるが、どれくらい持つかはわからない。
今度入院する事になったらもう家には帰れないだろう
というという事だった。
夏を無事越せるかと言われていたが、夏を無事越し、
秋めいてきた先日の早朝。

ドアのノック。
「お父さんが、ガタガタ震えちゃって、震えが止まらないって言うの。
病院の事だけど、車で送るより、救急車の方が急患扱いで
早く看て貰えるのよ。どうしよう。」姑がそう話した。

その後、「どうしよう。どうしよう。」と繰り返すので、
よほどパニくっているのだろうと思い、
「私が救急車呼びましょうか。震えが止まらないっていうことは、
熱ですかね?」
救急車を呼ぶ時に、舅の様態を少しでも詳しく伝えられればと思い、
こう聞いたら、「そうなのかしら。熱は測ってなかったわ。」という答え。

震え=熱から来る悪寒

大体、こういう事はパッと頭に浮かぶものだが、それさえも浮かばないという事は
よほどパニックになっているのだろうと思い、姑の返事を待つ。

やはり熱があった。39度。高熱ではないか。
「救急車を・・」と思ったら、


でも、救急車にすると、

私の帰りが大変なのよね。



( ・◇・;)は?


人間、大変な事が起るほど、表面のメッキが剥がれて本性が浮き彫りになるという・・
今まで何度も経験し、体験してきた事。そしてここでも・・・

パニくっていても、そういう自分にとっての損得勘定や好都合不都合勘定は、
すごく冴えているらしい・・・
なんだか・・・(;-_-;) ウーム



「39度も熱があるし、急患扱いですぐに診てもらったほうがいいのではないでしょうか・・・」

という私の問いに対して

「でも、今度入院したらお父さん、もう帰って来れないから。」

の答え。


この辺は、もう価値観のズレとしかいいようがない。
例えば、体中に管を通して生命維持装置で、少しでも長く生かそうとするか、
そんな痛い想いをさせてまで、生きながらえさせるのは、忍びないと思うかという違い。

舅の熱のしんどさと震え、本人の病状の不安もあるだろうからというのが
私の想いだったが、姑としては、1分、1秒でも長くこの家にいさせて
あげたいという想いがあったのだろう。

結局、熱が上がりきったのだろうか、震えが治まってきたからという
理由で、担当の先生が来る時間まで家で待機という結論に至った
ようだった。


震えがとまらないようなら、待たずに行った方がいいと思います。


舅の事は、私的には、余命宣告をされてから、何時何があっても
おかしくないという感覚があるから、一応私の考えも述べて、
その場はそれで終りとなった。

担当の先生が見える少し前の時間、丁度子供達が学校へ登校する時間に
「やっぱり、車で病院に行って来る」と舅と姑が下りてきた。
子供達を見送り、車の用意をしている姑。
玄関でポツリ舅が私に言った。

「もう力が入らないんだよなぁ。昨日の夜から調子が悪かったんだ。
急いで暖房をつけたりしたけど、駄目だった。」


なんだか、しんみりしていて、返す言葉が見つからなかった。
前の日から具合が悪かったんだ。

言えずにいたのか、言わずにいたのか。


ラブラブよぉ~とよく豪語していた姑。
二人の言動から私の目に映ったのは、ラブラブとは程遠い夫婦像だった。

この苦悩に共感された方は、クリックお一つお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:呟き - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/09/28 22:30 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
珈琲ぶれいく~お母さんのお腹にいたときのことを覚えていますか?篇~
少し前に、学校役員関係者との飲み会議があったんですが、
その時に聞いた不思議な話。

子供に「お母さんのお腹にいたときのことを覚えてる?」と聞いてみるのだそうです。
生まれたばかりの赤ちゃんは、抱っこされているお母さんの鼓動を聞くと
お腹の中にいた時のことを思い出して安心して泣き止むのだということが
言われていたり、胎教などといって生まれる前にゆったりとした気分でいたり、
いい音楽を聞かせるといいなどと言われていますよね。

これは、あながち嘘でもない・・というか、その飲み会議の時の話を聞いて
実は、とぉ~っても大切で、【あながち】などではなく、嘘ではない真(マコト)な
事なんだなぁと初めて確信を持ちました。

その飲み会議に出席していたお母さんの内、二人が
「お母さんのお腹にいたときのことを覚えている?」と
自分のお子さんに聞いた事があるそうで、
言葉をはっきり話せるくらいにまで成長していたにも関わらず、
はっきりと覚えていたそうなんです。

例1
あのね、僕、お母さんのお腹の中で、スイミングしてるみたいに
プカプカ浮いてたんだよぉ。それでね、生まれる前は、
お母さんが怖くて、あんまり出て行きたくなかったんだけど、
生まれたら、優しいお母さんだったからホッとしたよぉ!!



この時、確かにお母さんであるその方は、家庭の事情で、イライラすることが
かなり多かったらしいです。

た・・胎教って、本当に大事なんだ~( ̄ー ̄; ヒヤリ
お次は、もっとすごい例。

例2
僕さぁ、真暗なお腹の中で浮いて暇だったからさぁ、よく指しゃぶりしてたんだよね。
でさ、目の前にヒモ見たいのがぶら下がってたから、「これ何だろ」と思って、
ギュって握ってみたら苦しかったんだよねぇ。ビックリした。
(おそらく、へその緒だと思われ)
あとさ、先生にオチンチン見られるのが嫌で、外から僕を見る時に
わざと足で隠してたんだよね。
(ちょ・・超音波検診って、されてると中からわかるものなんですか?!( ̄Д ̄;) )
で、本当は出たくなかったんだけどさぁ、な~んか出てもいいかなぁと思って、
出てきたら光が眩しくて。それで、周りに沢山人がいた。
あとさ、お母さん、僕を歩かせる練習、おもしろがってたくさんしたでしょ。
しつこいな~って思ってたんだよね。



・・・
マジ?マジっすか?!!こんなに鮮明に覚えてるもんなんっすか?
確かに、生まれるまで、「この子は、いつも見えないから女だ」と
言われていたそうなんです。
で、生まれた時、グルッと周りを一周見渡してから母親を見てないたのだとか。
そして、確かに生まれたばかりの赤ん坊を縦に抱いたら、
歩くような足の動きをするのが面白くて、何度も何度もやったそうなんです。
聞いたお母さんも、そんな事を子供から指摘されてビツクリ( ・◇・;)
だったそうです。

その翌日。私も子供達に聞いてみました。
そしたら・・・・

覚えてな~い

(きっぱり。<( ̄^ ̄)>)



あ・・そ。
期待した私が馬鹿でした(爆)
覚えている子と、そうでない子がいるそうです。
3~4歳までなら確率が高いとか。
お子さんがいらっしゃる場合は、皆さんも聞いてみてはどうですか?

でも、その後の質問で、ちょっと不思議なことがあったんです。
それは、こちらから↓




この苦悩に共感された方は、クリックお一つお願いします。

...続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/09/13 15:09 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
The time has com
The time has come.(その時がきた。)

今週始めに舅が入院となった。
「腸が全く動いていない」との所見から、おそらく癌性腹膜炎による
腸閉塞ということだろう。
2004年の年末。入退院を繰り返していた時と同じ状態。
当時は、入退院を繰り返すということの意味が、私には全く分からず、
「なぜ、よくなっていない患者を不用意に何度も退院させて
しまうのか。」という病院に対する不信感と担当医に対する怒りが
あったが、諏訪中央病院院長の著書「がんばらない。」を読んで、
理解した。
癌も末期に入ると、癌性腹膜炎というのを起こし、腸閉塞が起るというのは、
珍しいことでもなんでもなく、末期がん患者が通る道なのだということを。
あの時それを理解していれば、入退院を繰り返すことについて、
何もギャーギャーと騒ぎ立てる事も、医者に対して不信感を抱く事も
なかったであろう。
その腸閉塞も、小康状態を向かえ、その後容態を崩した時が
いよいよその時を迎えるのだという事を私はその本を読んで知った。

今回の舅の入院は、いわば、小康状態が終わったという事。
薬で一時的に小康状態には持っていくらしいが、延命治療は行わず、
後は緩和ケアという形に入るらしい。この辺も「がんばらない。」に
書いてあった。
(癌をわずらっている方、そしてその看護や、介護にあたって
いらっしゃる方には、精神面、介護面、看護面などで、とても
参考になる本だと思います。)

まだ、その話は舅本人にはされておらず、薬で小康状態に戻そうと
いう試みが行われている状態。
その小康状態が崩れた時、緩和ケアという形に移行するということになる。
姑は、今のところは、その時になったら緩和ケア病棟に泊り込みで、
看病をするつもりなのだとか。
悶々としてきたら、日中お決まりのスイミングで気分転換を
するつもりだとか。




そして、今夜は、別の習い事に出かけていってしまわれました。
(・o・) ポカーン




この苦悩に共感された方は、クリックお一つお願いします。




テーマ:呟き - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/07/27 21:27 】

| | コメント(2) | トラックバック(0) |
置き紙
去年の暮れから激化した、舅の家いじり。
若夫婦の居住エリアも関係なく、荒らしたり、勝手に処理したり・・・
年が明けてからも、変る気配はなく、
私の仕事が始まってからも続いた。

私がパートで家を空けている4時間半くらいの間に、侵入しているのか
家を出る前と、帰ってきてからでは何かが違う。
はっきり形跡が残っている事もあるが、
ただ違和感だけが残り、微妙な時もある。
そんなことが、しょっちゅう起るようになった。

いない間に侵入し、部屋を勝手にいじられ、物が捨てられる。
毎日のことで、ストーカー被害にあっているような恐怖感を感じながら
やっている本人達は、そ知らぬふりで・・・

「今日もまた、何か変っていたらどうしよう。」
そんな不安が積もりに積もって
次第に私は追詰められていった。
自分たちの部屋のドアをあけるのが怖かった。
次第に家に帰るのが怖くなってきた。

昔、舅に若夫婦居住エリアのトイレに置いてある
私の汚物を処理されたことがある。
私は、その時から、舅には、ちょっとした恐怖感を持っている。

読んだ皆さんは、ちょっとイメージしてみてほしい。
もしも、あなたのダンナさんや、自分の父親が
自分の息子の嫁の汚物を処理したとしたら・・・・

処理した側に悪気はなくとも、処理された側は、どう思うだろうか・・
公衆トイレの掃除員ではないのだ。
娘などと兼用ではない。私の物しか入っていないその物・・・・

一度厳重注意が行われた後は、汚物が処理される事はなくなったが、
その他の若夫婦しか使わないものに、手を出す。
というか、手を出す以前に、私達の居住エリアを
私達が、いないときを見計らって覗いているということだ。

もうここまで来ると恐怖心しかなかった。
しかし、確信が無い。一体どのくらいの頻度で覗きをやっているのか
追詰められた私は、若夫婦しか使わないキッチンに

「いない間に部屋に入って、勝手に物を捨てたり、いじったりしないでください」
ドアを開け、侵入しなければ読めない場所に置き紙をし、
部屋のドアを全部閉め、パートに出かけた。

帰ってきたら、部屋はそのまんま。
今日は、何事もなかったかと、ホッと胸をなでおろし、掃除をしていた時
姑がやって来て、こう言った。
「ごめんなさいね。ゴミを捨てたのは、私よ。今日、お父さんが、
Reoさん達の部屋に置き紙がしてあったっていうの。
俺は捨ててないっていうから。あの日、Reoさんが、
ゴミを捨て忘れたのだと思って」と。


(|||_|||)

なんと、この二人は、共犯だった。
ゴミを捨て忘れたとされる日は、ゴミがそんなにたまらないので、
普段からゴミを出していない日で、しかも、その日もドアは
閉めていったはずなのに・・・どうして捨てていないことが
わかるのか!!
しかも、置き紙を置いたその日に見つけて、こんなことを言ったのだ。

毎日侵入しているのだろうか・・・
怖ろしくなった。
本当に怖くなった。
しかも、二人共犯だったとは・・・

さらに追詰められた私は、震えが止まらなくなった。
子供達が、学校から帰ってくるまで、怖くて怖くてたまらなかった。
ストーカーは、この家の中に二人もいたのだから。

テーマ:同居のくらし - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/01/30 21:38 】

| | コメント(2) | トラックバック(0) |
愛<飛行機代
娘が、今年、7歳の七五三を迎えるので、姑が着物を買ってあげると
いうので、ダンナと、娘と4人で買いに出かけた時の事。
そのころ、舅の体調が、あまり思わしくなかった。

「最近、調子悪そうなのよ。そろそろ(限界)なのかしらね」と姑。
11月に親戚の結婚式に呼ばれているとかで、2泊くらいで、出かける
つもりでいたのが、気になったようだ。


「お父さん調子悪くなったら、病院につれてけばいいから。っていうか、
最初から入院させられないのかしら。体調いいのに入院なんか
できないわよね。引き受けてくれればいいのに」
と姑

まっ、私がハムスターを信用してない義父母に任せられなかったように、
私に舅を任せるのが嫌なのだろう。
でもな、病院は、ホテルじゃねーっつーの!!


ここから、話がとんでもない方向へ。夫を愛していると言った人が
放った言葉とは思えぬ発言だ。

姑:「もしも、お父さんに何かあったら、○○(ダンナ)私の代わりに
結婚式行ってよ。」

旦:「なんでだよ。キャンセルすればいいじゃないか。」

姑:「だって、飛行機代が、もったいないじゃないの~」

私:「┐( -"-)┌ ヤレヤレ」


舅は、ダンナにとっては、実の父。何かあったら、息子だっていなきゃ
いけないんじゃないでしょうか。
そんなこともわからないのだろうか・・・
その年で、世間知らずも怖ろしい・・
そういえば、近所の方のお通夜に、喪服に黄色のジャケット着て
参加してたしねぇ・・

それに・・・

自分の夫の容態よりも、

飛行機代が大切なのね・・・



いやはや、「さっぱりした愛情」とは、随分と都合のいい
愛情なのですねぇ・・・(- .-)ヾ ポリポリ


自分のダンナより、飛行機代が大切でも、「愛しているのよ」と
言えば、愛している事になるらしい。

私には、わからん世界だ。
っていうか、わかりたくない世界だけどね。(ーー;

テーマ:旦那の家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2005/10/21 22:18 】

| | コメント(3) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。