スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
緩和ケア
舅が緩和ケア病棟に入った。
入退院を繰り返し、帰りたいと家に帰ってきて二日。
嘔吐が何度も襲い、夜中に病院へ。
そのまま緩和ケア病棟に入った。

今までいろいろあったけど、息子(ダンナ)に支えられて階段を下り、
苦しそうに肩で息をし、何度も嘔吐を繰り返し、
背玄関先で力なく座っている舅を背中を背中をさすりながら見ていたら、
切なくやるせない気持ちになった。
人間の命なんて儚くて、何時、どう終わるかわからない。
だから、生きていられる時間を、精一杯すごさなきゃいけないな。
生きていられる時間を少しでも輝かせる事ができるように
少しでも濃い時間を過ごせるように。


この苦悩に共感された方は、クリックお一つお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:呟き - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/10/18 15:15 】

| | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。