スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
二人の違い
「世界一うけたい授業」という番組がある。
この間の放送、Dr.白ヒゲ先生として有名なお医者様が保健体育の
講師だった。題材は、余命宣告ということについて。
先生の著書である「がんばらない」という本は、癌と闘う人に向けて、
前向きで、病気とうまく付き合いながら、余命を輝かしく生きるための
ヒントが書かれているらしい。
ちょっと興味があって、今度図書館で借りようかと思っているのだが。

話を元に戻して、その先生のお話で、大きく頷けた話がある。
余命宣告というのは、死をまともにつきつけられるわけだから、とても
怖いのだが、自分の体のことだから、知っておいた方がよく、
短い残された時間の中で、有意義に、残されるもの達へ、
感謝の気持ちを伝えたり、今までできなかったことをしたり、
家族へバトンタッチしなければいけないことを引き継いだりできる。
知らなければ、ただ時間を無駄に過ごしてしまう可能性もある。
その時になって後悔しないような生き方をするには、余命宣告というのは、
必要ではなかろうかという話だった。

人によっては、聞かない方がいいと言う人もいるだろうが、
残された短い時間を、濃密にそして有意義に過ごすには、
自分の体の本当のことを知る必要があるのではないだろうかという
ことだった。

先生は、続けてこんな話をされた。(以下先生のお話)
「私の患者に白血病の方がいらっしゃいました。病状はよくなく、
余命宣告をしたときのことです。その患者さんは、
男性の方だったのですが、『妻には、このことを話さないでくれ』
とのことでした。もう、彼には時間があまり残されていなかったので、
私は、病院ではなく、できるだけ家で過ごさせてあげようと考え、
外泊許可や、仮退院などを積極的に行いました。
ところが、事情を知らない奥さんは、おじいさん(夫)に
【あなたが入院していても、家の事はしっかりやっているので、
安心してください】という気持ちで、自分の元気な姿を見せて
おじいさんを安心させようと、夫が帰ってきても、野良仕事に出かけて
いってしまっていました。
間もなくおじいさんが亡くなり、それから何年も時が流れて、
妻であったおばあさんと仲良くなった時に、私は、こう言われました。
『先生、あの時、私は、本当の事を言って欲しかった。私は、
野良仕事なんて本当はどうでもよかったんです。夫の命が
あとわずかだと知っていたら、野良仕事なんか放って、一日中夫の
手をさすりながら、昔話をしたり、二人で散歩したりして、夫を
ひとりぼっちにさせやしなかったのに。知らなかったために、私は
沢山夫を沢山ひとりぼっちにさせてしまった。悔しくてたまらない。』
その時から、私は、辛いけれど、苦しいけれど、残された時間を
その人がその人らしく生きれるように病気のことについて本当の事を
話そうと思ったのです。」
とおっしゃっていました。


そして、続くは、Reo家の場合。
そう、あれは、一昨年の12月のことだった。
舅が余命6ヶ月と診断された。
その後、何もしていない内から姑は「私一人じゃ背負えない」と
言った。(=_=)
「家族会議を開こう」とも言ったが、「子供達の仕事の都合もあるし」と
日を遅らそうとしていた。
頭にきた私は、「自分の父親がこんなことになっているのに、
仕事なんて言ってる子供はいないと思います」と言い放ったことがある。

術後、食事が取れないようであれば、点滴バックを背負う必要がある。
点滴の交換を家族で行うために、病院でトレーニングがあると
言われた時には、

真っ先に

「私できな~い」と

子供がダダをこねるように放棄した



「退院したら、お父さんとずっと一緒にいてあげるの」と言っていた割に
退院一ヶ月で
「ずっと一緒に家にいてもしょうがないし、ストレス溜まるから、スイミングを再開する」と
いい出し、最初は週2回だったのが、3回へ。
その後、夜の趣味まで再開し、週1回は、夜までおでかけし、
挙句の果てに、仕事まで再開させて、
結果、舅は独りぼっちになりまくり状態になったのである

そして、そのとばっちりはReoが受ける事となり、現在かなり
精神状態がヤバイ状態にある。
しかし、姑は、今日も当然のごとく、家にいない。


余命宣告・・・
宇宙人には、関係ないものなのかもしれない。


スポンサーサイト

テーマ:家庭内事情 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/04/27 15:34 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
俺はもう死ぬから
「俺はもう死ぬから、好きにさせてくれ。」
お風呂掃除のし直しをされたことの一件を主人に話し、主人から姑、
姑から舅にその話が行ったとき、舅は涙ながらにこう話したと言う。

舅が今まで、好き放題、いじり放題やり続けている事を棚に上げて

これではまるで、私が鬼嫁だ

その上で、姑が出した答えが、
「風呂掃除は、これまでどおりReoさんがやって」という物だった。
その時が来たら、私の鬼嫁ぶりをご自慢の狸芝居で、
涙ながらに親戚の目の前で話し出すつもりだろうか。


そして、「俺はもう死ぬ」と、遠方に住んでいる舅の弟に自分で電話をかけ、
心配した舅弟は、急いで家に来た。
しかし、見た舅の姿は、食事もとれるし、自由に動けるし、
家で普通に過ごしている舅の姿。

そういえば、1年半前にも同じように「俺はもう駄目だ」発言に
振り回されたっけ・・・・

死と向かい合う恐怖。
いてもたってもいられないほどの・・・
いや、それ以上の恐怖なのかもしれない。
健康に過ごしている者には、おそらくわからないであろう不安を
抱え続けて生きている事は、理解できる。

いつも思う。
「怖い。」「とてつもなく不安だ。」「どうにかしてくれ。」
そういう不安を何故、姑は、一緒になって支えようとか、
和らげてあげようとせず、いつも舅を独りぼっちにして自分だけ
楽しみに(本人曰くストレス解消だとか・・)いくのだろう・・・

いつも見守っていなければいけない立場の姑が、
いつも舅を一人にするから、行き場のない不安や、恐怖を追いやるように
遠方の兄弟に必要以上にオーバーな電話をかけたり、
掃除をしなおしたり、することが多くなるのだろう。

姑は、そのことに全く責任を感じることなく、
言っても聞かないの一点張り

で、舅のそばにずっといる事を放棄する。


それでいて、私はお父さんを愛していると、平気な顔で言ってのける。

「俺はもう死ぬから。」
舅の中では、精神ギリギリの思いなのだろう。
しかしながら、今日も姑は、ご自慢の仕事とスイミングに出かけていないのである。


テーマ:家庭内事情 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/04/24 14:25 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
モラル
自分の命があとわずかと知った時、
「やりたいこと、遣り残したこと、これだけはしておきたい事をしたい」と
思うのは、誰だって同じだろうと思う。
そして、その人を取り囲む家族は、できるだけその人の想いをかなえて
あげたいと願うものなのだろう。

しかし、余命いくばくもないから、自分がしたいことを何でもして
いいかと言えばそうではない。
何年か前に、癌の末期患者が、自分はもう死ぬからといって、
自分が入院している病院の入院患者を殺してしまったという事件がある。
死を、間近に現実の物として見つめ、死期を待つという不安と恐怖
というものは、健康である者には計り知れない思いだと思う。
だからと言って、モラルを全く無視していいかと言えば答えはNOだ。
自分は死ぬから他人を殺していいなんて、見当違いもいいところ。

入退院繰り返し事件があったとき、「自分はもう駄目だ」と思った舅は、
「姑」と、「息子(私のダンナ)と私」に手紙を託した。
姑のは、自分が亡くなった後の連絡先と、お金のことについて
書いてあったらしい(私は見ていない。)
そして、私達夫婦には、なんと掃除の仕方しか書いてなかった遺言。

「ありがとう。」とか、「家族仲良く」とか・・
私が想像していたありきたりな言葉は、

その文面の

どこにも見当たらなかった



その後、舅は確かに余命宣告を受けた。あと6ヶ月と。
その時のごたごたで、この家の人間が、
自分勝手な宇宙人であることに気付いたのだ。
(過去記事を参照してください。)


後6ヶ月なのだから、舅のやりたいようにと。
しかし・・・それから3倍の月日が流れて、その間に舅のやりたいことは
エスカレートし続ける。
若夫婦用の洗濯機を勝手にお風呂用のハイターで、ハイターされ、
その後、ゆすがずに放置。
それを知らずに洗濯した私。服が何着もマダラ模様に変色し駄目になった。
パートに出て留守の間の、覗きとイタズラ(変なところにシールを貼ったり。)
この間も話した風呂掃除のしなおし。
大事にとっておいて整理してある物を自分(舅)が要らないからという理由で勝手に捨てる。
こんなのが、日常茶飯事に起る。

家を空けるのも、ドアを開ける瞬間も怖くなり、今では・・・
舅、姑の顔や声を見たり聞いたりするだけで吐き気や、頭痛がする。
最近、お腹の調子もよくなくゲリが続き、食べても体重が増えない。
夫も親サイドにつき頼りにならない。

病院には行ってないが、私の精神状態は蝕まれているのだろう。

余命宣告を受けてから1年半。なんの介護も必要なく、普通の生活をし続けている。
夫の精神を一番支えなければならないはずの姑は、仕事と自分の趣味で大忙しで、
夫に最低限の世話(食事の用意と週一の病院の送り迎え)だけで、
すっかり面倒を見た気になっている。
(ベタベタの愛情ではなく、さっぱりとした愛情らしい。(=_=))

よって私の隣人トラブルならぬ、同居のプライバシー侵害トラブルは、
これからも、エスカレートし続けるのであろう。
そして、ますます夫婦仲に亀裂がはいり、溝が深まるのであろう。

そして、これからも・・・
私の精神は蝕まれ続けるのであろう・・・


頼む私の精神よ。ここでへばらず、持ってくれ!!

テーマ:家庭内事情 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/04/23 15:42 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
続 お風呂掃除
少し前に書いた「お風呂掃除」のその後。

お風呂掃除のし直しは、それ一回だけではない。
過去にも、何度も変だなと思う事はあったし、薄々確信してはいた。
朝洗ったはずのお風呂場が、換気をして出勤するはずなのに
夕方になっても、乾いた形跡がない。もしくは、雨でもないのに
乾き方が異常に遅い。

用事や急ぎで、お風呂掃除をしていかない日は、掃除をしないまま残してある。
お風呂掃除のしなおしは、決まって私が掃除をしたのを確認してからの
行為である事は明らかだった。
なんてイヤミで、屈辱的なことだろうと思ってはいたが、証拠がない分
それまでは、「私の勝手な思い込み」であり、「憶測」でしかなかった。

友人の証言から、証拠があきらかになったばかりでなく、
姑までもが、それを知りながら、何の計らいもなく黙認していた事実。

しかも、私がお風呂を掃除する事になったのは、「舅の体の都合」と
「姑の遊び(本人は仕事と言う)」の都合で、姑から依頼されてのものだ。
こんなに屈辱的な事はなく、記事を書いた後もイライラと不快感と
鬱々とした気分が収まらず、四六時中、キリキリした胃の痛みと
不愉快感や、恐怖感が続いた。

我慢できなくなった私は、朝に夫に事実を話した。
「私の掃除が気に入らないなら、舅が掃除をすればいい。私が掃除を
したのを確認してから、わざわざ私がいない間にやり直すなんてふざけてる。」

夫婦仲は、あまりよくないが、波があり、少し話ができるような気分に
なるときがある。その少しの間は、このような会話になり、
また夫は怒り、口をきかなくなるの繰り返しだ。
そして、その朝はママ(姑)に駅まで車で送ってもらった日だった。
どうやら、その時に、話したらしい。今日返事が来た。


「風呂掃除は、お前(私)がやれ。じいちゃんには、

ばあちゃんから、もう掃除しないように

言っておくだと。」


もしも、舅が掃除をすることになれば、舅が掃除が出来ない時は、姑が
やることになる。もはや、「仕事をしているから」という都合のいい
理由は成り立たない。
「舅の体の都合」などといいつつ、実は、自分に面倒ごとがまわって
くるのが嫌なだけなのは、その答えから見て取れる。

「お父さんが退院したら、ずっと一緒にいてあげるの」と涙ながらに
語った姑。
そして「自分のダンナぐらい、自分でちゃんとしないでどうするの。
なっさけない!!」と吐き捨てるように私に言ったことのある姑。

もしも、私に掃除を続行させ続けさせたいのなら、その言葉を
無責任に放り出し、自分だけ趣味や遊びに行くことはもう止めて、

舅に言うだけでなく、監視でもして

責任持って全力で阻止しろ。



と、私は、声を大にして言いたい。
もしも、もう一度、このような事が起ったら、掃除当番は、姑の仕事に
してしまおうと思う。
妻(姑)の掃除の仕方が気に食わないから、ダンナ(舅)がしなおし
するのであれば、お風呂掃除のことに関しての文句は絶対に言わないから。

テーマ:嫁・姑の戦い*嫁姑問題 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/04/21 15:03 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
再びサザエさんにみる妻と夫と姑の関係
約1ヶ月前くらいに放送されたであろうか、タイトルまで覚えているが、
サザエさんの「お母さんは聞き上手」篇

フネが、帰宅途中、交番の前で、おまわりさんに
「最近は、女性の犯罪者も増えていますから、気をつけてください」と
声をかけられ、その後、サングラスに、ナイフを持った女性に脅され、
何をされるのかと思ったら、公園で、嫁の愚痴を聞かされるという
オープニング。

フネを襲った犯罪者である、どこかの姑は、泣きながら、フネにこう話していた。
「息子が嫁のいいなりで~」

なんだか、ため息が出た。

こんな事を平気で言ってる姑が多いのだろうなと。
前にも書いたが、私の実家は、旧家の本家で、結婚が決まった時に
「嫁いだら、実の親でも、他人と思え」的な事を親に言われた。
ようは、「もう必要以上に親を頼らずに、自分たちでしっかりやりなさい。」
ってことなんだと思う。
なぜ女性だけが、このような覚悟をしなければならないのだろうかと
いつも思う。夫の両親と同居の場合、「息子が嫁のいいなりで~」などと
文句を泣きながら言うとか言いたい姑は、この世の中に山ほどいるだろうが、
その発言や、思いこそが、そもそもおかしい。
夫となる方も、たとえ同居でも、実の親でも他人と思えだ。
「息子が嫁のいいなり」でも、それで、夫婦も家庭も円満ならば、
それ以上の幸せはないだろう。
サザエさんとマスオさんのように。

逆に、結婚しているのに、夫が、母(姑)もしくは、親のいいなりになっているなら、
それこそ気持ち悪いし、いつまでも、そんな感じなのなら、
最初から結婚しない方がいい。
親も、息子を結婚させないか、「老後を見込んで」という馬鹿馬鹿しい
理由で、同居を望まない方が賢明だと思う。

夫は、よく息子に「いつまでもママに甘えるな」と偉そうに物を言う。
そういう自分(夫)は、今日も、降るか降らない程度の曇り空で、
わざわざ車でママ(姑)に駅まで送ってもらっている・・・

そのお誘いをかけるのは、いつもママ(姑)の方である。(キモイし)

結婚したら、守るのは、親<自分の家族(妻子)これが、守れていないなら、
妻や、子供に偉そうな口はきかないでほしいし、いくら口で偉そうな
事を言っていても、男として夫として、父親として甲斐性なしだと思う。

結婚するなら、男も女も、環境的には同条件であるべきだ。

血の繋がってない女同士のいがみ合いは、一旦火がつくと、ほぼ
消火できない形になる物が多い。
どんなに条件がよかろうと、同居というのは、最後には、こうなる場合が多い。
その時に、消火剤である夫が、守るほうを間違えれば、火に油を
そそぐ状態になるだろう。

そういう意味で、サザエさんって、幸せ家族のモデルのような一家だ。

関係図式としては、妻の実家に夫が同居で、
妻の実の親=妻≦夫というのが、理想だろう。

Reo家のように夫の実家に妻が同居で
夫の両親≧夫
これが成り立っている時点で、女にとって同居は絶対に無理あるいは、
困難きわまりないと考えた方がいい。

テーマ:嫁・姑の戦い*嫁姑問題 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/04/20 15:13 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
お風呂掃除
ずっと前の過去記事を読んでもらえれば、どこかに書いてあるとおもうが、(=_=;
舅入院騒ぎの一件以来、「私は仕事をしているから。」という都合のいい理由で
それまで舅がしていたフロ掃除を放棄し、私に押し付けた挙句、舅が退院し、
私が仕事を始め、自分が仕事を一時休止した後も「お父さんの体の都合」などという
これまた都合のいい理由でお風呂掃除を変ろうともしなかった。

別にいいよ。都合の悪い事は全部人に押し付けて、自分は、自分の楽しい事をやめない
姑のタヌキ加減は、あの一件で、あきれるほどわかったし、いやと言うほど思い知らされたしね。

お風呂掃除も、大変だけれど、毎朝、パート出勤前に済ませて、
それを日課にしてしまえばどうってことないしね。

ところがだ。

朝にお風呂掃除をして、換気をして出て行くはずが、夕方になっても一向に乾く気配が無いまま残っている。
前から薄々おかしいとは思っていたさ。でも、今日、たまたま友達と会話していた時に
その事実が明らかになった。

私の掃除の仕方が気に食わないのか、舅は、またお決まりの
私がいない時間に

掃除をしなおしていたのだ


この宇宙人一族は、どこまで人を馬鹿にすれば気が済むのだろう。

テーマ:家庭内事情 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/04/18 21:32 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
舅の侵入癖
過去にあった一件以来、修まっていたと思っていた舅の侵入癖。

しかし、ほとぼりが冷めたと思ったのであろうか、最近になって
また出かける前と後の部屋の違和感を覚えるようになった。
そして、またトラップを仕掛ける事にした。
比較的・・というか、ほぼ完璧に侵入しているであろう月曜日
トラップを仕掛、パートへ。

帰宅後・・・恐る恐るトラップを調べる

ドンピシャじゃんよ!!


侵入確実!!

あれほどゴタモメして、夫に「子供と三人で別居でもすれば」と言われ、
私的には、離婚をマジマジと考えるようになり、
「こんどやったら(私が)実家に帰る」とまで脅しをかけ、
あまりよくない夫婦仲を、より一層悪化させ、
お得意の反省をしたフリ
していたのに、一体、何を考えているのだろうか。
(つか、やっぱりフリだったんだな。○Oo (9 ̄^ ̄)9 )

はっきりいって病気だ。
田○まさしや、タチの悪いストーカーと同じなのだろう。
「悪い」という頭が、本気であるのかないのか、わからないが、とにかくやめられない。

いない間に、締めてあるドアをわざわざあけて、部屋を覗き見る。
非常に迷惑だし、気持ち悪い。不愉快だ。

私の精神・・いつまでもつだろうか・・
<(T◇T)>わぁああああ!


テーマ:家庭内事情 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/04/17 14:15 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
サザエさんにみる同居円満の秘訣
最近サザエさんを見ていて思った。
サザエさん夫婦って、結構幸せそうだ。
というか、幸せなんだろうなと(=_=;
最近、精神的につかれきっている私は、ふと考えた。
同居していて夫婦・・いや、磯野家の家族円満の秘訣は
なんだろうと。
こんな事を考えるなんて、相当ストレスが溜まっているのだろうな<私

まぁ、テレビアニメのことだから、何でもありと言ってしまえば
それで終りになってしまうが、ちょっとピンと来たことがあったので
ここに記しておこうと思う。

まず、嫁さんの家にダンナ様が入っているというのが
第一の理由だろうが、世間でいう婿取りな場合は、同居嫁とは逆で、
婿の方が精神的ストレスが溜まってしまうケースが多いのではないかと思う。
マスオさんの性格や人柄も関係するだろうが、性格や人柄がいいというだけで
うまくいくとは、とても思えない。

では、なぜうまくいっているのか。
それは、磯野家の場合、親が、血の繋がった家族には厳しく
(ワカメ、タラちゃんを除く(笑))、マスオさんを立てていることに
あるのではないかということに気付いた。( ̄△ ̄) !!

同居している場合、だいたいの家庭が、実の息子や娘をかばい、
よそ者である配偶者を叩く。
そのイライラが、夫婦関係にまでヒビを入れることに全然気付かずにだ。

自分の子供が、苦労したり、しんどい思いをしているのは、
見ていて辛いが、よそ者がどうなろうが、知ったこっちゃない。
だから、悪い意味で「気を全然使わない。」のだ。

しかし、磯野家は、違う。
娘の婿であるマスオを褒め、実の娘や息子であるサザエやカツオを
容赦なく叱り飛ばす。
これが、同居生活円満の一番の秘訣かなぁと思う。


40になるのに息子をあらゆる意味で正当化したり、
プライベートに土足で侵入してきたり、
嫁にイヤミな態度をとったりしているReo家では絶対に無理な話なんだなぁ。

と妙にしっくりと納得してしまったReoなのであった。

テーマ:同居のくらし - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/04/11 21:56 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
いい加減にしてくれませんか
最近おさまっていたと思っていた舅のイタズラ。
それが、とんでもなかった。
ほとぼりが冷めたとでも思ったのであろうか。
玄関においてあるコート掛けに目をやると
またまた新しい温度計がっ( ̄ー ̄)o゛プルプル

それも、いつものごとく取り外しがきかないように
粘着テープ or ボンドで強力に貼り付けてある。
そして、いつものごとく


その家具は

私達が買ったものなのだよ




どうして、自分が購入したのではない家具に無断で
やたらと物を貼り付けたり、ノコギリで切ったりするのだろうか。


幼稚園児のようなガキじゃあるまいし

いい加減にしろ~~~~~!!



ぜいぜい・・・
頭がおかしくなりそうだ<(T◇T)>わぁああああ!

テーマ:同居のくらし - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/04/10 20:30 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。