FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
The time has com
The time has come.(その時がきた。)

今週始めに舅が入院となった。
「腸が全く動いていない」との所見から、おそらく癌性腹膜炎による
腸閉塞ということだろう。
2004年の年末。入退院を繰り返していた時と同じ状態。
当時は、入退院を繰り返すということの意味が、私には全く分からず、
「なぜ、よくなっていない患者を不用意に何度も退院させて
しまうのか。」という病院に対する不信感と担当医に対する怒りが
あったが、諏訪中央病院院長の著書「がんばらない。」を読んで、
理解した。
癌も末期に入ると、癌性腹膜炎というのを起こし、腸閉塞が起るというのは、
珍しいことでもなんでもなく、末期がん患者が通る道なのだということを。
あの時それを理解していれば、入退院を繰り返すことについて、
何もギャーギャーと騒ぎ立てる事も、医者に対して不信感を抱く事も
なかったであろう。
その腸閉塞も、小康状態を向かえ、その後容態を崩した時が
いよいよその時を迎えるのだという事を私はその本を読んで知った。

今回の舅の入院は、いわば、小康状態が終わったという事。
薬で一時的に小康状態には持っていくらしいが、延命治療は行わず、
後は緩和ケアという形に入るらしい。この辺も「がんばらない。」に
書いてあった。
(癌をわずらっている方、そしてその看護や、介護にあたって
いらっしゃる方には、精神面、介護面、看護面などで、とても
参考になる本だと思います。)

まだ、その話は舅本人にはされておらず、薬で小康状態に戻そうと
いう試みが行われている状態。
その小康状態が崩れた時、緩和ケアという形に移行するということになる。
姑は、今のところは、その時になったら緩和ケア病棟に泊り込みで、
看病をするつもりなのだとか。
悶々としてきたら、日中お決まりのスイミングで気分転換を
するつもりだとか。




そして、今夜は、別の習い事に出かけていってしまわれました。
(・o・) ポカーン




この苦悩に共感された方は、クリックお一つお願いします。




スポンサーサイト

テーマ:呟き - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/07/27 21:27 】

| | コメント(2) | トラックバック(0) |
永眠場所選び
永眠場所選び。すなわちこの世を去った後の自分の骨を
埋める場所選び・・すなわち墓地選びということについて。

このブログを読んでくださっている皆さんなら、どんな理由で、
どんな場所を選ぶでしょうか。
「○○家之墓」という風にお家柄、代々お骨を納める場所が
ほぼ決まっている場合は、ほぼその場所になることが確実であろうが、
Reo家のように、関東在住、本家は北陸という場合は、関東圏に
新たに造るということになる。

舅から、お墓のことについて妻である姑に話があったらしい。
「○○霊園にしたい」と。
私は、その場所には行った事はないのだが、後に続く者の事を
考えれば、家からさほど離れてはいないし、まぁ、
妥当なんじゃないかなと思っていたのだが、
その場所を選んだ理由を聞いて、ため息が出てしまった(=_=)


遠くにいる自分の親戚に

参りに来て欲しいから、

高速から近いその場所を選んだ
のだとか。


┐( -"-)┌ ヤレヤレ

どこまで行っても自分本位なのだね。
後に続いて、入るであろう者のことなど、微塵も頭にないらしい。
自分の親戚といえども、もうお年な方ばかり、はるばるやってきて
お参りしてくれるのは、ほんの何年かの間だけ。
その数年間のためだけに、その場所を選ぶのかぁ・・・
まぁ、妻である姑は、自分の弟に骨の埋める場所を
伝えておいてあって、最初から同じ場所に眠る気などないみたいだし、
永眠場所は、初代の希望の場所になるのだろうから、それはそれで
いいのでしょう。

その後に続く者が、入るか入らないかは別として。


この苦悩に共感された方は、クリックお一つお願いします。





テーマ:家庭内事情 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/07/07 15:37 】

| | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。