FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
やっぱり何か変
緩和ケア病棟に入ってから、舅が以前のように調子がよさそうにしている
姿を見ることがなくなった。
動きたくても動けない・・・・そんな状態。
舅を見舞う度に状態が悪化していってるのがわかる。

今日も顔を出した時に、全身の力が急に抜けてしまって怯えていた舅がいた。
子供が言う
「おじいちゃんは、もう歩けないの?」

そう。もう自力で起き上がり、立って歩く事もできないような状態だ。
息はとても苦しそうで、本人の口からも「苦しい」という言葉が出る・・・

そんな中、姑は、痛い箇所をさすったりするのだが・・・

舅が姑に「今夜はここに泊まるように」と言ったらしい。
身体の調子が不安定である事、力が急に抜けてしまったことで
本人もよほど不安なのだろう。

私達は家に帰り、夕飯の段になって姑が帰って来た。
何か物を取りにきたのかしら・・・・と思っていた時の一言

「今日は何も準備していないから、明日泊まるわねとお父さんに言ったら、
今日の夜何かあったらどうするんだってお父さんが言いうから、今日は泊まるわね」

・・・・

ちょっと不思議だった。準備してないからとか、もう、そういう
問題ではないのではないだろうかと・・・
この段になっても、まだ姑には危機感ってないんだろうかと。
確かに看護婦さんが常時いる体制をとっているし、姑が日中つきそっている。
しかし、人間って暗闇に一人置かれた時に一番恐怖を感じるものなんじゃないだろうか。
まして、日に日に弱っていく体の上に急に力が抜けて、
あっちの世界に行きかけたような感覚になったら、なおさらの事だから・・・
そういうところをもっと汲んであげれたら、舅の気持ちも少しは
落ち着くのではないだろうかと思ったりした。

夜、病室に一人、痛みや苦痛が襲ってくるベッドの上で、
取り残されたようになる時間が、今の舅にとって一番怖い時間帯
なんだろう・・・

この苦悩に共感された方は、クリックお一つお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:家庭内事情 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/10/22 21:42 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
緩和ケア
舅が緩和ケア病棟に入った。
入退院を繰り返し、帰りたいと家に帰ってきて二日。
嘔吐が何度も襲い、夜中に病院へ。
そのまま緩和ケア病棟に入った。

今までいろいろあったけど、息子(ダンナ)に支えられて階段を下り、
苦しそうに肩で息をし、何度も嘔吐を繰り返し、
背玄関先で力なく座っている舅を背中を背中をさすりながら見ていたら、
切なくやるせない気持ちになった。
人間の命なんて儚くて、何時、どう終わるかわからない。
だから、生きていられる時間を、精一杯すごさなきゃいけないな。
生きていられる時間を少しでも輝かせる事ができるように
少しでも濃い時間を過ごせるように。


この苦悩に共感された方は、クリックお一つお願いします。

テーマ:呟き - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/10/18 15:15 】

| | コメント(2) | トラックバック(0) |
のけ者
昨日のことである。
土曜であるが、パートに出勤。
私のパートは、昼まで。
家に帰ると、もぬけの殻。

1時少し前。
普段なら昼食がすんでいる時間。
みんなどこへ行ったんだろう、ご飯食べて遊びに行ったかな?
と思いながら、一人、昼食を作って食べ終わったくらいに
「ただいま~」と威勢のいい子供達の声。

ダンナと姑ともゾロゾロと帰ってきた。
そして、姑の一言。

「あぁらぁ~、ママさん一人でご飯?

私達○○(お店の名前)で

食べてきちゃったわぁ~(はぁと)」



まただよ!!


こんな風に嫁だけをのけ者にして、血縁だけで食べに出かける事は
1度や2度ではない。
私のパートの仕事が昼で終わりなのを知っていてのこの仕打ち!!
本当にどこまで意地が悪いんだろう

いや、意地が悪いのではなく、同居嫁におごる飯なんざーないって
ことだろうな。魔界人だし仕方ないか
おごる方としては、頭数は一人でも少ない方がいいもんねぇ。


私は、こんな事をしないように気をつけよう。


この苦悩に共感された方は、クリックお一つお願いします。

【 2006/10/08 22:23 】

| | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。