FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
なっさけない!!の真意
「こそく」という言葉をご存知だろうか。
コソクと聞いてあまりいいイメージがわいてこないんだけど、
「コソクな考え」とか、「コソクな手段」とかよく使われますよね。

辞書で引いてみるとこうです。

姑息(こそく):一時の間に合わせだ。一時しのぎの。
                   角川国語辞典より


姑の息と書いてコソクと読むのかぁ・・・

ふ~ん。
へ~ぇ。
ほ~ぅ。
なるほどねぇ・・・・

・・・・・(=_=

ということで、本題に入ろう(笑)


姑の決めセリフに「なっさけない!!(情けない)」というのがある。
この言葉は、私を始め、他人に向けられる他、姑が自分自身に向けて
発する事もあるのだが・・・

他人に向けるときは、「なっさけない!!」と言葉を
矢のように尖らせて、めいっぱい引き弓を引いた上で放たれるので、
非常に威力があり、受けた方の心は、めいっぱい言葉が突き刺さり、
非常に痛い思いをするし、その傷の痛みは、後々まで響く事が多い。


これが、姑が自分自身に向けた時は、
「(こんなことくらいで)なさけない」と、涙をホロホロ流しながら
発せられる。
今まで幾度か経験したが、お涙頂戴のため、見ている方は、
結構同情なんかしたりするのだが、実は威力はきわめて弱く、
針をチクンと刺す程度の痛みでしかないことが、
観察の結果はっきりと分かった。

その証拠に、「(こんなことくらいで)なさけない」と、
涙をホロホロ流しながら発した30分後には、何事もなかったかのように
テレビ番組などを見ながら、ゲラゲラと大きな声で笑えてしまうのだ。

ようは・・・
姑の場合、なっさけない!!の言葉が本人自身に発せられた時は、
自分を責めたり追詰めたりしているわけではなく、
弱い自分をアピールするための姑息な手段ってことね・・・(-。-) ぼそっ



姑の息と書いてコソクね・・・

ふ~ん。
へ~ぇ。
ほ~ぅ。
なるほどねぇ・・・・



・・・・・(=_=


この苦悩に共感された方は、クリックお一つお願いします。



Reo心の詩


甘さ

人の甘さを許す事が出来るのは
優しさだと思うけれど
自分の甘さを簡単に許してしまうのは
単なる甘えだと僕は思うよ

by Reo

スポンサーサイト
【 2006/06/19 13:48 】

| | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<珈琲ぶれいく~欧米化篇~ | ホーム | 当たり前じゃないんだけど。>>
コメント
--- ---

姑息・・・ポンっと目の前に出されて自信はないけど読めるかもしれない程度だったかも・・・(笑)
でも、「姑」という漢字と「コソク」という意味の言葉の組み合わせが、( ´_ゝ`)プッ ってカンジ(笑)
ワン子 * URL [編集] 【 2006/06/20 09:38 】
--- ほんとにねぇ~ ---

ワン子さん、いつもありがとうございます。

男尊女卑のならいから、女(へん)のつく漢字は、
もともと、あまりいい意味に使われていませんし、
こんなふうに字をいろいろ探してみると、
結構いろいろあるかもしれませんよー(* ̄m ̄) ププッ
Reo * URL [編集] 【 2006/06/22 17:34 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ren710.blog12.fc2.com/tb.php/107-340bd27b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。