FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
自画自賛2
姑は、よく自分で自分を高評価する人だ。

例えば、近所の人に「孫娘と姑が似ているわね。本当にかわいいわねぇ」
などと言われると、その社交辞令を真に受けて、
「孫は、私似(姑)で、かわいい」と本気で思ってしまう(=_=)
あげく、姑サイドの親戚が、
「ママ似で美人さんだね。」と口にしたりすると、
「あら、そうかしら?(-"- )」と露骨に嫌な顔をする。
という事は、姑は、どうやら自分のことを可愛いと思っているらしい


・・・・・

( ̄  ̄;)


ちなみに私の実家の評価は、娘は私に、うりふたつ。
名探偵コナンのように、Reoが、そのまま小さくなってそこにいるようだ
とまで言われる。
かわいいか、かわいくないかは別としてだが(* ̄m ̄) ププッ



過去記事にある「自画自賛」(ここを参照
に関してもそうだ。
私の作った栗きんとんを、けちょんけちょんに言って、
できあいのおせちの栗きんとんを皆に勧めた挙句、自分の黒豆を大絶賛し、

有無をいわせず

自分のを回して勧める。

まぁ、私としては、ふっくら柔らかいものより、ちょっと固めの
食感が好きなので、本当のことをいうと、できあいの物のほうが
おいしかった。
ってか、嗜好は人それぞれなんじゃないでしょうか。

車を買って、なかなか渋い色でいいよなぁ・・と一人で浸って
いたところに「何この色!!」としかめっ面で言う。
それでいて、姑が買った車の色は、私なら絶対に乗らない・・
っつーか乗れない、乗りたくないというような色。
思わず、Σ( ̄ロ ̄lll) と顔に出しそうになったその時に
「ねぇ・・いい色でしょう?なかなか走ってない色なのよぉ(はぁと)」

思わず息を呑んで、苦笑した。

ま・まぁ、色の好みもそれぞれなんじゃないでしょうか。


そして最近はバスマット。
安く売っていたから買ってきた。そこまではよしとしよう。
その後、
「ねぇ~なかなか、いいでしょう。(はぁと)これ、置いて。」


はっきりいって

全然私の趣味じゃないんですけど


(ー'`ー)


姑の場合、
人(嫁)をコケにしながら、自我自大絶賛


本当に素敵な色合いのものを選んだり、食べた瞬間「おぉっこれは」と
思えるような食感かつ味で、自我自賛しているのならいいのだけれど・・

一般論として、人間は、自分の事はわからない生き物なのだという・・・


だとしても私は、ここまで自分が分からない身の程知らずな人間には
なりたくないなぁ・・・
っていうか、ここまで自分がわからない人になるのなら、
せめて人には謙虚な人間でありたいと思う。

姑の言動を見ながら、これからの自分の年の重ね方を深く考える
Reoなのであった。


この苦悩に共感された方は、クリックお一つお願いします。


スポンサーサイト
【 2006/08/10 20:30 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<嘘のような本当の話。 | ホーム | 足音>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ren710.blog12.fc2.com/tb.php/114-99ad8ec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。