スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
嘘のような本当の話。
ある知人が、約束していた物を取りに家を訪ねてきたときのことである。

いろいろな話をしている内に、私がダンナの両親と同居しているという
話になった。

知人「ねぇ~。Reoさんちってダンナさんの親と同居なの?」
Reo 「そうだよ。」
知人「お姑さん?」
Reo 「いや、両方(笑)」
知人「えぇっ?偉いねぇ。私もさ、最初は同居してたんだけど、合わなくて出て行ってもらったの。」
Reo 「え?自分達が出たんじゃなくて、出てってもらったの?」
知人「そう。」
Reo 「へぇ~。でも、出て行ってくれたんだ。私の場合、そうなるとオマエ(私)が出てけって話になるからなぁ」
知人「え?( ・◇・;) 何それ」
Reo 「うん。子供と3人で別居するか?って言われたよ。」
こちらを参照
知人「うそぉ(絶句)」
Reo 「ほんと~(苦笑)」


・・・・

い・以上、嘘のような本当の話でした


おそまつさまでした( _ _ )/' チーン



この苦悩に共感された方は、クリックお一つお願いします。


スポンサーサイト
【 2006/08/10 21:21 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<性悪姑予備軍 | ホーム | 自画自賛2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ren710.blog12.fc2.com/tb.php/115-7260b032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。