スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
珈琲ぶれいく~お母さんのお腹にいたときのことを覚えていますか?篇~
少し前に、学校役員関係者との飲み会議があったんですが、
その時に聞いた不思議な話。

子供に「お母さんのお腹にいたときのことを覚えてる?」と聞いてみるのだそうです。
生まれたばかりの赤ちゃんは、抱っこされているお母さんの鼓動を聞くと
お腹の中にいた時のことを思い出して安心して泣き止むのだということが
言われていたり、胎教などといって生まれる前にゆったりとした気分でいたり、
いい音楽を聞かせるといいなどと言われていますよね。

これは、あながち嘘でもない・・というか、その飲み会議の時の話を聞いて
実は、とぉ~っても大切で、【あながち】などではなく、嘘ではない真(マコト)な
事なんだなぁと初めて確信を持ちました。

その飲み会議に出席していたお母さんの内、二人が
「お母さんのお腹にいたときのことを覚えている?」と
自分のお子さんに聞いた事があるそうで、
言葉をはっきり話せるくらいにまで成長していたにも関わらず、
はっきりと覚えていたそうなんです。

例1
あのね、僕、お母さんのお腹の中で、スイミングしてるみたいに
プカプカ浮いてたんだよぉ。それでね、生まれる前は、
お母さんが怖くて、あんまり出て行きたくなかったんだけど、
生まれたら、優しいお母さんだったからホッとしたよぉ!!



この時、確かにお母さんであるその方は、家庭の事情で、イライラすることが
かなり多かったらしいです。

た・・胎教って、本当に大事なんだ~( ̄ー ̄; ヒヤリ
お次は、もっとすごい例。

例2
僕さぁ、真暗なお腹の中で浮いて暇だったからさぁ、よく指しゃぶりしてたんだよね。
でさ、目の前にヒモ見たいのがぶら下がってたから、「これ何だろ」と思って、
ギュって握ってみたら苦しかったんだよねぇ。ビックリした。
(おそらく、へその緒だと思われ)
あとさ、先生にオチンチン見られるのが嫌で、外から僕を見る時に
わざと足で隠してたんだよね。
(ちょ・・超音波検診って、されてると中からわかるものなんですか?!( ̄Д ̄;) )
で、本当は出たくなかったんだけどさぁ、な~んか出てもいいかなぁと思って、
出てきたら光が眩しくて。それで、周りに沢山人がいた。
あとさ、お母さん、僕を歩かせる練習、おもしろがってたくさんしたでしょ。
しつこいな~って思ってたんだよね。



・・・
マジ?マジっすか?!!こんなに鮮明に覚えてるもんなんっすか?
確かに、生まれるまで、「この子は、いつも見えないから女だ」と
言われていたそうなんです。
で、生まれた時、グルッと周りを一周見渡してから母親を見てないたのだとか。
そして、確かに生まれたばかりの赤ん坊を縦に抱いたら、
歩くような足の動きをするのが面白くて、何度も何度もやったそうなんです。
聞いたお母さんも、そんな事を子供から指摘されてビツクリ( ・◇・;)
だったそうです。

その翌日。私も子供達に聞いてみました。
そしたら・・・・

覚えてな~い

(きっぱり。<( ̄^ ̄)>)



あ・・そ。
期待した私が馬鹿でした(爆)
覚えている子と、そうでない子がいるそうです。
3~4歳までなら確率が高いとか。
お子さんがいらっしゃる場合は、皆さんも聞いてみてはどうですか?

でも、その後の質問で、ちょっと不思議なことがあったんです。
それは、こちらから↓




この苦悩に共感された方は、クリックお一つお願いします。

Reo心の詩


何のために生まれてきたか?

「ねぇ 君達は
 何のために生まれてきたんだと思う?」

突然に
そう問いかけた私に
何のためらいもなく
何の疑いもなく

「生きるために生まれてきたんだよ」

まるで示し合わせたかのように
寸分も違わずに
二人声を合わせて君達はそう言った


そうか
君達は
生きるために
私から産まれてきたんだね
生きるために
私のことを選んでやってきたんだ

そして私は
生きる意味を教え また教わるために
この子達に選ばれたのか


不思議なくらい
息が合った二人の答えを聞きながら
心があったかくなった

「僕らは 生きるために生まれてきたんだ」

これから先
何かにつまづいた時
何か辛い事があった時
希望をなくしてしまいそうになった時
今の君達が
未来の君達を救うのかもしれないね

私も
君達の言葉を胸に刻んで生きていこう

君達が「生きる意味」を見失わないように
そして
私自身が「生きる意味」を見失わないように


ねぇ あなたは
何のために この世に生まれてきましたか?


by Reo
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/09/13 15:09 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<引っこ抜かれたサギ草 | ホーム | 自由と放埓(ほうらつ)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ren710.blog12.fc2.com/tb.php/120-71988f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。