FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
お別れの日
下の日記後・・・慌しくなる。
今後の予定について決めなければならないとのことで
バタバタし出す。
その日の夜。通夜や告別式のことなどについて
話し合われた。

翌日通夜。翌々日告別式ということで予定が組まれた。

通夜の日の朝。舅が亡くなった翌日の朝のことである。
なにやら上が騒がしい。何事かと思って行ってみたら
姑と叔母さん(舅の弟のお嫁さん)がゲラゲラ笑いながら
カツラ談議をしている。

姑:「ねぇ・・こっちのカツラとこっちのカツラどっちがいいかしら」
叔母:「あら、そのカツラ素敵じゃな~い」
姑:「そ~ぉ? こっちのが軽くていいのよね~。
じゃぁこっちにしよ~ぅ(はぁと)」


(・o・) ポカーン


夫が亡くなったのは昨日の事・・・
「おと~ぅさぁ~ん」とあれだけ病室で号泣していたのに・・・
唖然としてしまった。

あの時感じた違和感は・・こういうことだったのか・・・。

でも通夜の時には また号泣している・・・
この身の変りよう・・・(ー'`ー)
なんとかして悲劇の女(ヒロイン)を演じたいようだ。
あまりの大根役者ぶりに ため息さえ出てしまいそうなほどだった。


そして告別式。
この日もカツラ、化粧ともにバッチリな姑。

棺に花をたむける時のこと。
「お父さん、一緒に帰ろう~」と棺にしがみつき泣き崩れる姑

┐('~`;)┌
舅が亡くなる3日前、「今日はここ(病院)に泊まってくれ」と
舅に頼まれたのに「準備してないから明日でいいかしら」と
しゃーしゃーと言ってのけた人が
この日は「一緒に帰ろう」と泣き崩れている・・・

目の前で起きていること理解不能(ー'`ー) 。

そしていよいよ棺に蓋をし、3箇所を釘で止める儀式のときも
か弱い女を演じたかったのか 震える手でなかなか釘を打てないという
演出を行った

ハッキリ言って・・・


やりすぎだよ!!


息子以外
おそらくその場にいたほとんどの人が
引いた顔をしていた(^ー^;

それに気づいた姑の実の姉。
か弱き女を演じる妹を抱きかかえ、後ろに下げるというさりげないフォロー
あぁ・・あまりの演技力のなさ・・見てらんなかったんだろうな


最愛の娘をなくした風見しんごさんの顔を思い出して欲しい。
号泣しなくても 泣きつかなくても
その顔は憔悴しきり・・その悔しさと悲しみが深く伝わってきた。
悲しみをこらえるのに一生懸命な しんごさんの姿は
痛々しいほどで 悲しみに満ちていた。


カツラもバッチリ!!化粧もバッチリ!!で
「おとぅ~さぁ~ん」と号泣し続ける姑。

そこからは夫婦愛も 悲しみも 悲壮感も感じられない。
その情景は、もう 4コマ漫画にしか見えなかった。




スポンサーサイト

テーマ:旦那の家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2007/08/09 20:06 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<遺産相続について Reo家の場合。 | ホーム | 第2章幕開け その日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ren710.blog12.fc2.com/tb.php/130-aa292876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。