FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
遺産相続について Reo家の場合。
人が一人亡くなると、結構起こりがちなのが
遺産相続のゴタゴタだ。
実家にいた頃 Reoの祖父が亡くなったときに
遺産相続の件で父の兄弟姉妹のドロドロの争いを見た。
お金の奪い合いは 人の心をこれほどまでに醜くしてしまうのかと
正直 人間という物が卑しく怖ろしく思えた。

その時に思ったんだ。Reoは誰の遺産も当てにはしないと。
Reoの実の父が亡くなろうと、母が亡くなろうと
今まで育ててもらったという事実だけで十分だし
遺言でもない限りは 実家を残していく兄と同居してくれている
義姉に全てわたっても構わないし むしろそれが自然の形だと思う。

ダンナの両親にしてもしかりだ。
別にそんな物は当てにはしないし そんなものを奪い合って
兄弟間で争うなんてアホらしい事は見たくもないし したくもない。
そう思っていたさ。

ところがだ。舅が亡くなったとき、どちらにもあたらない出来事が
起きて Reoの腹は煮え繰り返ったのである。
過去記事にもあるのだが、(過去記事はここをクリックしてね)
姑は 舅の兄弟が来ている時に Reoの目の前で

「お父さん(舅)は、この家を建てるときに半分も支払って偉い。
義弟夫婦は全額自分たちで建てて、自分たちの好きに暮らしている。
半分払ってもらって同居と、全部支払って二人だけと どちらが
いいかしらねぇ~Reoさん」

とReoを親戚の目の前であからさまに馬鹿にする発言をしたのだ。

この姑の言葉は全くの嘘で意味不明なものである。
何をどうすれば、このように理解できるのか皆目見当もつかない。

事実はこうだ。
まず、弟夫婦は全額自分たちで家を建てたわけではないということ。
頭金は親が出している。これは、兄弟で同条件。
その後 確かに「これで繰り上げ返済をしなさい。その代わり
このお金は返すつもりでいてね。」といってある程度のお金を貸して(?)くれた。
確かにその金額を入れれば半分近くにはなるだろう。

でも、Reoは、繰り上げ返済をした後、
必死で一生懸命そのお金を返すために貯めてたさ。
しかし姑の中ではそれは、貸したお金ではなく、舅が払ってしまった
事になっていたのだ?!
それでも、返済のために必死でそのお金を貯めてたさ。
舅の病状が悪化した時に、そのお金を崩しましょうか?と提案したら
「保険金でなんとかなるから、そのお金は私に頂戴」とさらりと
言ってのけた。(゜ロ゜) ヒョオォォ!

舅がなくなり 姑がなんと言ったか。
ダンナに「どうせあのお金は返すつもりはないんでしょう?」
それを聞いたダンナは、貯めている事を知っているのにも関わらず
「返すつもりはない」とほざいた。(アホか!!)

そして返ってきた答えはこうだ。
「じゃぁ、返さなくてもいいから、

二人の息子にこれだけずつ

(ある程度の金額である)

遺産としてあげて頂戴。」



はぁぁぁぁっ????(-゛-メ) ヒクヒク

舅がこの家の半分を出したって話はどうなるの?
半分だしたと豪語し馬鹿にしたんだから
この件に関して「あのお金は返すつもりあるのか?」という
質問自体がありえない話だ
Reoは言われ損かい?馬鹿にされたままかい?
なんでReoの家の貯金から舅の遺産を払わにゃならんのさ。
事実は
「じゃぁ 全額返済したものとするから・・・」だろが!!
なんじゃ、「返さなくていい」っちゅーのは!!

そして、舅の生前所持金は全額自分(姑)の懐に入れた後
Reoの家の貯金をさも舅の遺産のように義弟たちに
渡す姑・・・・


この女の性悪は、天性のものだ。

あげく、Reo達の取り分が少し多いから兄弟には言うなと・・・・
それは違うね。いつも自分の体裁を守るための口止めだよ。
遺産など始めからなかった。
なんとかそれを取り繕いたかったのでしょう?

舅の遺産をReoの家の家計から出すという理不尽を呑んだ事だし
それで返済を済ませたことになったんだから
もう2度と舅がこの家の半分出したなどと言うなよ。
もう一度口にしたら、金額の話も全部正直に二人の義弟と、義弟の
お嫁さんに事実をありのまま話させてもらうからね!!

自分本位で人任せ こういうタイプが人として一番困るが
姑には この言葉がピッタリだとつくづく思う。

スポンサーサイト

テーマ:嫁・姑の戦い*嫁姑問題 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2007/10/06 14:56 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<質入れする品物とは | ホーム | お別れの日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ren710.blog12.fc2.com/tb.php/131-d386f385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。