スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
借りた物は返して
2001年冬、私達夫婦と、年寄り夫婦の家内引越しをした。
住居階数の移動である。
その時に、舅が姑の本を確認を取らずに全部捨ててしまったらしい。
その時に17年間使用したお正月料理の本も一緒に捨てられたらしい。
「お正月料理作れないじゃないの」と姑が言うと
「17年もやってるんだから覚えてるだろう」と舅が言ったらしい。
お正月のおせちの料理なんて、年に1度のこと。
年数は関係ないのだが、料理をしない男にはわかるはずもなく・・
とりあえず、新しく正月料理の本を買って、その年はやりすごした。

一昨年辺りから、子供も大きくなった事から、大晦日~お正月にかけて
お料理の準備は、私がやることになっている。
それまでも、お雑煮や、おせちの1品料理や、焼き物は
作っていた。
姑は「若者の代に譲るわ」と言っていたのだが・・・

「エビは用意したの?鯛は買った?○○はどうするの?
○○はどうなってるの?」と細かに聞いてきて指示。
こんな時期もこようかと、実家母が持たせてくれた2冊のおせち料理の本を参考に
最初の年は、それでも頑張って作った。
「私、煮物やるから、おせちの本1冊かしてくれない?」と姑
「いいですよ。」と、その頃は、まだ素直に応じる事ができた。
舅に本を捨てられて激怒してたことを知っていたので、
まぁ貸す分にはいいかなと。
正月が終わっても、返ってこなかったが、大切に使ってくれるなら、
同じ家の中だしいいかな~と思っていた。

そして翌年(今年)のお正月。
毎年の事ながら、おせちを用意しても大量に余るので、
「お店でおせちを注文することにします。」と姑に言ったら、
「え~~~~~~~」と嫌そうな顔。
そんなことをお構い無しに注文した。
なにしろ、代をありがたくも譲っていただいたのだから、
こっちのやることに口出ししないで欲しい。
で、他にも少し作りたかったので、
「去年貸した本、見せてもらえますか?料理の参考にしたいので」と姑に言った。

姑「そんなもの借りたっけ?」
私「去年、本を捨てられたから貸して欲しいって言ってたじゃないですか」
姑「そうだったかしら?」

と言って探しに行く。この辺りで私は、イライラしていた。
姑「借りた本これだったかしら?」
私「違います。実家の母から貰った本なので、もっと古い感じのですけど。」
姑「料理の本、これ1冊しかないんだけど。お父さん捨てたのかしらねぇ~
お父さんったら困った人だわ(笑)」



笑ってんじゃねーよ!!



借りた事すら忘れてたくせに舅のせいにしてるんじゃねーよ!!
借りた物返せよ!!
せめて借りてたって自覚持てよ!!


もう2度とこの人には貸すまいと心に決めたReoなのであった。

でね・・・
若者に譲るとかなんとか言っておいてさ
「私が生きてる間は、おせちがないお正月なんて許さない」とか
「お店での注文のは、まずいから、来年からは作ってね」とか言わないでくれる?

そういうのは、譲ったっていうんじゃなくて、押し付けたって言うの!!

つか!!
実家の母から貰った本返せ~~~~~~~~~~~~!!
人から物を借りたりする時
自分にとっては、そんなに大した物に見えなくても、
貸した人にとってみれば、紛失したり、壊したりした時
他の物では代用が効かない物もあったりするんだよね。
そんな物なら貸さないんじゃないの?って思うかもしれないけど、
相手の事を信用してるから貸すのであってね。
借りた人は、自分の持ち物以上に借りた物を大切に扱うのが
当然の理屈だと私は思ってた。

私の場合、「実家の母から貰った本」っていうので、
特別な思い入れがあった本なんだよね。
嫁ぐ時に、持たされたんだ。いわば嫁入り道具の一つみたいな。
だから、古くなってもずっと捨てずに取っておいた。
実母の心遣いをそばにおいておきたくて。

それを、自分の手元にある1冊の本で、
「これあげるわ。代わりに使って。」で済ませてしまった姑には、呆れてしまったよ。

スポンサーサイト
【 2005/06/17 22:08 】

| | コメント(5) | トラックバック(0) |
<<仕事 | ホーム | 1週間で一生分>>
コメント
--- ---

あははははは~。。。すみません。。
オチについ笑いが出ました。
だって、文が上手いんですもん(読ませます、笑)

うちも同じですよ。
なんでも譲るだのまかせるだの言いながら、
絶対に口出して指図する。その指示通りにこちらがやらないとつむじを曲げる。

面倒くさいことは嫁にやらせて口も出すのが姑なのかしらねぇ。。。
choco * URL [編集] 【 2005/06/17 23:18 】
--- 反面教師 ---

コメントありがとうございます。

「嫁」の立場って、時間がたつと、どうやら「使用人」に代わってしまうようです。

姑にもいろいろなタイプがあり、
①自分が同居して姑、舅、そのほかの親戚達に攻撃された経験があるから、嫁を同じように扱うタイプ

②同居して嫁としての辛い立場を味わったゆえに、嫁に非常に優しく接する賢い姑タイプ

③同居した経験がないため、同居嫁の立場が全く理解できないで、すき放題するタイプ

多くは①か③に属しますよね・・・(^^;

この反面教師からたくさんの事を学び、自分が年をとってからの行動に
役立てたいと思っております。
Reo * URL [編集] 【 2005/06/18 18:02 】
--- 同感です ---

私も、おすそ分けでもって行った
器をまだ返して貰ってません;;
実家の母が持たせてくれた
セット食器で凄く大切に使っていたのに・・。
この間行ったら
その器犬のご飯の器にされてました・・・。
凄くショックでした・・・。

ウチの姑は
1と2の混合タイプで
結構厄介です。
(因みに舅はバリバリの1)
そうですよね、私も
反面教師として
こんな人間にだけはならない様に
生きて行きたいと思います。
anemorne * URL [編集] 【 2005/06/19 09:17 】
--- 貸したものは ---

返して欲しいですよね。こっちは大事に使っているのに・・・・、なんで雑に扱うの?と思うときあります。そんなことを相手は露知らず。笑って誤魔化された日には「ブチッ」ときますね。あなたが笑ってもこっちは笑えない。例え新しいの買ってあげるから、と言われても同じじゃないのに。このタイプの人って自分が同じ目にあった時はキレまくりしますよ・・・。
あぁ・・・つい愚痴ってしまった^^;すいません
みゆ * URL [編集] 【 2005/06/19 15:58 】
--- やはり・・・ ---

皆様同じような経験があるんですね。

>anemorneさん
なんと、犬の食事の器に?!
悲しすぎます!!それでいて、やった本人は、何が悪いんだか
さっぱりわからないような風ではありませんか?
そんな小さなことで怒ってる方が馬鹿みたいな・・・めちゃくちゃ悔しくなります。
反面教師の教訓としては、
貸し手は、借り手がどんな人間か慎重に判断しなければならないということなのでしょう(-゛-メ) ヒクヒク


>みゆさん
そうなんですよ!!
自分はダンナに本を捨てられた時、あんなにキレまくったくせに!!
心から、申し訳ないと思ってる気持ちが伝わってくれば、
まだ救われるのに、「ごめんなさいねぇ~」っていつも口先だけ・・・
その分悔しさも倍増です。
コメントにバンバン愚痴っていただいて結構ですよ~


Reo * URL [編集] 【 2005/06/19 21:38 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ren710.blog12.fc2.com/tb.php/15-eb3bd114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。