FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
家族ではなく血族だっつのっ!!
あれは、去年の今頃。
調度、自治会のお祭りが催される頃のお話。

それまでは、毎年、家族(ダンナと、私と、子供二人)で、出かけていた。
それが、去年は、舅・姑も一緒にということになったのだ。
夕方5時出発を予定していたが、その辺は、いろいろと忙しい時間、
家の事がゴタゴタしていて、一人で、てんやわんやになっていた。

それを手伝うでもなく、気にするわけでもなく
時間少し前に玄関にいるダンナと子供達。そして、舅と姑。

「もう少しで終わりだから。」
少し待っててというつもりで、私は、ダンナにそう言った。

家の事を終え、玄関へ向かったら、


誰もいねーじゃねーかよ、おい!!


怖ろしき血族軍団。
そう、血族関係者以外は、知ったこっちゃないという感じで、
5時キッカリに出発しやがった!!

私が追いつくまで、振り向く気配もない。
追いついた時にダンナが一言。

「玄関の鍵は閉めてきたのか?」



言いたい事はそれだけか!!

( ̄ー ̄)o゛プルプル



何が「お嫁さんも家族だ」?
ちゃんちゃらおかしいわ。
嫁は、部外者だっていうのが、あからさまだっていうの!!
この血族軍団目めがっ!!


スポンサーサイト

テーマ:家庭内事情 - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2005/08/20 12:55 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<役員の仕事 | ホーム | ダンナはいつまでもお客様>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ren710.blog12.fc2.com/tb.php/48-7716d508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。