スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ホームとアウェイ
GWに実家に帰省して、しみじみと思ったことがある。
ここは、なんと居心地のいい場所であろうかと。

親も、姉兄も、甥や、姪も、全てが愛しく、何の気兼ねもなく
話し合ったり、笑いあったり、時には、昔を思い出して、あんなこともあった、
こんなこともあった、あの物はどこにいったかな?あれは、どうだったっけ
など、共通の話題で、最高に盛り上がれる。

そこは、まさに私にとってのホームグラウンド。
例えば、愚痴や弱音をこぼすと、手厳しい指摘も受けるが、
その中に潜む愛情も受けてとれる。
我が子だからこそ、実の姉兄だからこその親身になってのアドバイスや、
さりげない励ましなど・・・
血縁者ではあるが、一人一人の人間、考え方や、価値観に違いがあるけれど、
根底にあるものというのは、繋がっているのだろうなと感じる。

GWが終り、ここへ戻ってくる途中、高速を下りたとたんにキリキリとした
胃の痛みを感じたと同時に強く感じた。
ここは、私にとって完全なるアウェイの土地(家)なのだと。

家族同士の愛情や、いたわりがなされず、それぞれが、自分を正当化し、
面倒事は、他人に押し付ける。それでいて、その事に感謝することもなく
まるで、当たり前であるかのように、時には、文句まで言われる。
こちらが拒否反応を示そうが何しようが、そんなもん知ったこっちゃないと
言わんばかりに、したい放題やり放題する。

完全なるアウェイの地(血)。

普段からホームで、のうのうと過ごしている・・・いや、今まで
自分たちの好きなように過ごしてきた、アウェイの人々には、
アウェイの地で、毎日を過ごす私の苦悩など、わかるはずもないだろう。

舅の母親が、病気の時、舅の母親と同居していた義理の姉のことを
病院に見舞いにも行かないのよとけなしていた姑。
その舅の母親を、たった一週間病院で面倒を見ただけで、一生分面倒を見た気になって
義理姉を悪く言う姑。
ホームで、のうのうと過ごしているあなたには、
アウェイで過ごし続けたそれまでのおばさん(姑の義理姉)の苦労など
微塵もわからないだろう。
それよりも、亡くなった舅の母親が、舅をほったらかしにして仕事と
趣味に夢中な今のあなた達の関係を見たらどう思うだろうかね。
そして、あなたがやっていることは、義理姉とそんなに変らないんじゃないの?と思う。
でも、きっと、本人は、精一杯面倒を見てるつもりになっているのだろう。


どうしても染まりたくないアウェイの血。

ホームの温かさを胸に生きていこう。


FC2ブログランキング





スポンサーサイト

テーマ:同居生活のボヤキ - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2006/05/15 22:05 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<言葉の重み | ホーム | 仕える?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ren710.blog12.fc2.com/tb.php/96-504a5432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。